施工計画、品質管理/経験記述の部品集/電気工事施工管理技士試験


時間をかけずに、電気工事施工管理技士試験に合格したいあなたへ
次のページは、1級 2級 電気工事施工管理技士の、経験記述、実地・学科試験のページです。
過去問を徹底分析した出題予想と使える解答例を多数紹介しています。

電気工事施工管理技士試験のデジタル教材が選ばれる理由は、
・技術士と施工管理技士が作成した確実に合格点が獲れる教材
・驚異の的中率を誇る出題予想、過去問と解答例
・試験対策の優先順位がハッキリわかる
・最低限の努力で合格点が獲れる
・スマホで使える。通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができる

電気工事施工管理技士試験/経験記述、実地試験、学科試験の過去問、出題予想と解答例

電気工事施工管理技士試験、経験記述の部品集を紹介するページです。
経験記述論文の文章構成は、問題提起をして、その問題に取り組んだ解決策を述べます。「〇〇〇のため、◇◇◇に留意した。」
「〇〇〇の問題点・課題があったため、◇◇◇の対策処置を講じた。」
「のため」「対策処置」の部品集を、たくさん掲載しています。

電気工事施工管理石の資格を取得することで、建造物の建設や増築などに必要となる、「電気工事における施工計画の作成」、「工事の工程・安全・品質などの管理」、「電気工事の監督業」などを行えます。資格保有者および実務経験のある場合は、転職しても仕事が見つかりやすいといったメリットもあります。

施工計画/経験記述の部品集/電気工事施工管理

電気工事施工管理、施工計画の部品集は、次の項目について掲載しています。
「〇〇〇のため」部品
「◇◇◇に留意した」部品
「処置・対策」部品

「〇〇〇のため」部品/サンプル部品集

○現場運営計画としての土木工事との輻輳作業、出合い帳場
○関連他作業との工事調整
○近隣障害対策、不同沈下対策
○事前調査結果からの地下水位対策
○電気設備の性能・機能の向上を図る
○建築工事との輻輳作業
○短期工事での建築工事との取合い調整
○綿密な作業の実施と、その効率化
○短期工事での入念な作業量算出
○建築工事との並行作業
○作業員の手間待ち・手戻りの防止
○公道の開削工事

「◇◇◇に留意した」部品/サンプル部品集

○労働災害防止としての現場管理体制の確立と、安全管理計画の立案
○環境対策としての掘削機械の選定計画、仮設計画の立案
○輻輳作業における安全管理計画、合理化を考慮した配員計画
○綿密な作業量の割出しによる工程計画の立案
○資機材一覧表、実行予算書、総合工程表による資材労務計画の立案
○綿密な資材労務計画の立案による、機器・材料・作業の調整
○設計図書の確認による綿密な施工図の作成、それに伴う工程計画のチェック
○綿密な事前調査による、安全管理計画の立案
○完成時の使い勝手を考慮した、施工図の作成、品質管理計画の立案
○搬入資源の合理的な運用を考慮した、配員計画と工程計画の立案
○現場運営計画としての、現場管理体制の確立
○作業員・機械器具・資材の調達計画の立案

「処置・対策」部品/サンプル部品集

○道路管理者・所轄警察署長の指示に従い、安全施設、仮設備を設置
○マンネリズムの排除と作業員の連携強化を図る
○労働災害防止に重点を置く作業標準を確立
○作業の無理、無駄、むらを排除
○他設備工事との取合いも考慮して作業標準を作成
○チェックシートによる管理手法を採用
○職長の権限を明確に文書化して、作業員に周和徹底を図る
○実行可能な作業標準を立案
○設計図書、仕様書に基づき、基本項目に使い勝手を考慮
○施工図、施工要領書に明記(各種配線の接続方法など)
○製作図を照査して不具合がないかを確認
○設計図書、仕様書により、重要項目を確認(納まり取合関係、据付・取付関係、インサート・スリーブの位置関係)
○安全朝礼や安全ミーティングの実施
○作業手順・注意する点を作業員に周知徹底
○その日の作業手順や注意する箇所を作業者に周知徹底
○作業者との綿密な対話を図り、安全態勢を確立
○作業手順や注意する点を周知徹底
○作業者との対話機会の拡大を図り、安全態勢を確立
○通勤通学時間帯を避けて作業時間を設定
○安全施設、仮設歩道、交通整理員、仮設信号の配置計画を立案

学習にはまず過去問を利用しましょう。1級電気工事施工管理技士の試験は「学科試験」と「実地試験」が別々の日に実施され、学科試験に合格することで、実地試験を受験することができます。学科試験では、四肢択一のマークシート方式で解答、実地試験では記述式で解答します。
資格取得の流れとしては、2級を取得してから1級を取得するというパターンが多いです。電気工事施工管理技士の場合は、実務経験が長かったり、第一種電気工事士の資格を持っていることで、2級を飛ばして1級から受験することも可能です。
電気工事施工管理技士は、多くの電気設備でおこなわれる電気工事の監視・管理を担えるため、非常に需要の高い資格です。実地試験は文章記述・穴埋め・穴埋め選択・計算問題など文字や数字で簡潔に解答しなければなりません。

品質管理/経験記述の部品集/電気工事施工管理

電気工事施工管理、品質管理の部品集は、次の項目について掲載しています。
「〇〇〇のため」部品
「◇◇◇に留意した」部品
「処置・対策」部品

「〇〇〇のため」部品/サンプル部品集

○ケーブル埋設工事における品質確保
○分電盤・操作盤の施工における品質確保
○プルボックス接続部の施工精度の確保
○配線埋設管における施工精度の確保
○コンデンサ設備における品質確保
○変圧器設置における規格値確保
○避雷設備設置における規格値確保
○操作棟設置箇所の軟弱な設置地盤
○電話機器取付け工における品質規格値の確保
○キュービクル設備の取付け工における品質規格値の確保
○配線施工図に基づく接合規格値の確保
○軟弱地盤箇所での地耐力の確保
○屋内配線、操作盤の品質規格値の確保

「◇◇◇に留意した」部品/サンプル部品集

○硬質電線管の性能確保、接続部の漏電防止
○作業班による施工精度のチェックと機能強化
○軟弱地盤処理工法、基礎コンクリートの施工精度の確保
○変圧器設置の規格値確保
○接続部の漏電防止、チェック機能の確保
○分電盤・操作盤の性能確保、電線管の接続精度の確保
○施工図、施工要領書に基づく管勾配、埋設深さ、防食機能の確保
○配線施工図に基づく、管接合の施工精度の確保

「処置・対策」部品/サンプル部品集

○設計図書、仕様書に基づき施工図、施工要領書を作成
○品質特性の配線状況を、チェックシートにより確認し、不良箇所を是正
○施工図、作業標準書に施工方法や品質規格値を明記
○配線の作業方法、過去に施工した同種条件の施工実績や経験を参考
○作業標準の明文化
○漏電試験チェックシートを確認し、不良箇所を是正
○チェックシートにて各試験結果を確認
○各作業班毎に班長を任命
○器具取付後における、煙試験による漏煙の確認、不具合部分の改善
○チェックシートにて、所要の機能を確保
○再チェックを実施し、所要の機能を確保
○作業内容を熟知した配線技能士、熟練工により配線を実施
○チェックシートを活用し、施工ミスや不具合箇所の有無を確認
○先手を打った管理を行い、技術の蓄積に努める
○配線技能士を中心に作業班を編成し、作業員の技術習得、技術の向上を図る
○チェックシートによる、機能確認の実施
○壁・床貫通部の施工のもれや不具合の有無
○配線技能士による作業者への技術指導
○壁、天井貫通部の施工については、チェックシートにチェック項目を明記
○もれや不具合などを確認して所要の施工精度を確保
○配線技能工・熟練工による作業班を確立
○技術指導を取入れると同時に、マニュアルを作成
○技術指導を行わせ施工ミスを防止

仕事の規模が大きいのは1級ですが、まずは2級から資格を取得しましょう。1級は、就ける仕事が多い反面、長い実務経験が必要です。電気工事施工管理技士の試験の基本的内容は、電気工学や施工管理、法規について問われます。
学科を合格し、実施試験で不合格となった場合、技士補の資格を与えられることになります。この資格は施工管理技士を補佐する資格で、1級電気工事施工管理技士の実施で不合格となった方は1級技士補、2級電気工事施工管理技士の実施で不合格となった方は2級技士補として扱われることができます。
電気工事施工管理技士の資格難易度は普通~難しいレベルです、出題範囲が広いため、合格に向けた対策が欠かせません。試験合格率は1級、2級ともに例年50%前後となっています。「過去問を解く」→「間違った所を復習」を繰り返し、適切な解答を身につけ合格を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました