安全管理、工程管理/経験記述の部品集/電気工事施工管理技士試験


時間をかけずに、電気工事施工管理技士試験に合格したいあなたへ
次のページは、1級 2級 電気工事施工管理技士の、経験記述、実地・学科試験のページです。
過去問を徹底分析した出題予想と使える解答例を多数紹介しています。

電気工事施工管理技士試験のデジタル教材が選ばれる理由は、
・技術士と施工管理技士が作成した確実に合格点が獲れる教材
・驚異の的中率を誇る出題予想、過去問と解答例
・試験対策の優先順位がハッキリわかる
・最低限の努力で合格点が獲れる
・スマホで使える。通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができる

電気工事施工管理技士試験/経験記述、実地試験、学科試験の過去問、出題予想と解答例

電気工事施工管理技士試験、経験記述の部品集を紹介するページです。
経験記述論文の文章構成は、問題提起をして、その問題に取り組んだ解決策を述べます。「〇〇〇のため、◇◇◇に留意した。」
「〇〇〇の問題点・課題があったため、◇◇◇の対策処置を講じた。」
「のため」「対策処置」の部品集を、たくさん掲載しています。

試験を受けようと考えている方はまず、受験資格を確認しておきましょう。電気工事施工管理技士の試験は保有資格や学歴によって、必要な実務経験年数が異なるため、注意しよく確認しましょう。過去問を繰り返し解き、試験採点者に自分の経験を分かりやすく伝える解答文の記述を行いましょう。

安全管理/経験記述の部品集/電気工事施工管理

電気工事施工管理、安全管理の部品集は、次の項目について掲載しています。
「〇〇〇のため」部品
「◇◇◇に留意した」部品
「処置・対策」部品

「〇〇〇のため」部品/サンプル部品集

○関連他業者の土木工事業者との輻輳作業
○建築工事および関連設備工事との輻輳作業
○関連他業者との輻輳作業
○2ケ月間の短期工事であり、輻輳作業
○道路掘削の必要性
○公道を掘削する工事
○道路掘削を伴う作業内容
○安全管理の実態が、単なる規制の強化になるのを防止する
○狭あいな場所での他業者との同時作業
○高所作業が関連他業者との輻輳作業
○現場馴れからくる油断や小さなミスの防止
○労働災害の発生、工事の遅延など、多大な損害の防止
○小さなミスの繰り返しによる大事故の発生防止

「◇◇◇に留意した」部品/サンプル部品集

○労働災害防止と安全管理体制の確立
○作業調整、協力体制の確立による労働災害防止
○工事内容に応じた技術力を有する作業班の編成による安全管理体制の強化
○安全作業標準の確立
○チームワークよる安全施工の体制作りや、作業環境の整備
○作業調整に重点を置くとともに、作業員の安全作業への取組み強化
○マンネリズムによる労働災害の防止
○事例研究による危険予知トレーニングの励行
○建築工事との共同作業の重要性を認識し、連携強化に基づく安全対策
○墜落事故などの労働災害防止
○安全管理標準の確立による重大事故の回避
○マンネリ作業の防止と、作業員の安全意識の高揚
○安全管理体制の確立と労働災害の防止

「処置・対策」部品/サンプル部品集

○電気技能工を職長として作業班を編成
○熟練工、配線技能士を中心にした作業員への技術指導の実施
○小さなミスに起因する大事故の防止を図る
○建築工事の総合工程表との照合により、上下作業や輻輳作業を回避する作業調整を実施
○現場からの意見を取り入れ、工程管理と安全対策の一体化を図る
○合理化施工の実施と、安全点検の励行
○関連他業者と打ち合せを行い、作業調整をして輻輳する作業を回避
○相互協力と連携により事故を防止
○他業者の現場代理人との綿密な打ち合せの実施
○輻輳作業時の監視や、協力の枠組み作りの明確化を図る
○土木業者の現場代理人と工程表に基づき、綿密な打ち合わせを実施
○高所作業者には、安全帯等保護具の使用を徹底
○足場を設け作業床、手すり、防護ネット、昇降設備を確保
○関連業者との作業調整により、上下作業を回避
○作業者一人ひとりの安全に対する自覚と作業の連携を強化
○作業員の考え方や意見を取り入れ、労働意欲の高揚を図る
○地区住民の工事への理解と協力を得る
○工事内容、工期、工事区間、安全対策などの地区集会による説明実施

1級電気工事施工管理技士の試験は「学科試験」と「実地試験」が別々の日に実施され、学科試験に合格することで、実地試験を受験することができます。実地試験の受験料は学科試験の合格発表後に払込となります。
学科試験が終わっておよそ1ヶ月後に、学科試験の合格発表があります。そこからおよそ2週間以内で受験料の払い込みが必要です。払い込みを忘れると受験ができないので注意してください。実地試験は、学科試験の合格発表から3ヶ月後です。そこから3ヶ月で合格発表があります。そこで見事合格をした場合には、合格証明書の交付申請をして、晴れて電気工事施工管理技士となれます。
電気工事施工管理技士の実地試験は、実際に電気工事の実務に携わっていなければ、正解を記述することが難しい問題も出題されています。試験の対策箇所を搾り、精度を上げることが短期間での合格点につながります。

工程管理/経験記述の部品集/電気工事施工管理

電気工事施工管理、工程管理の部品集は、次の項目について掲載しています。
「〇〇〇のため」部品
「◇◇◇に留意した」部品
「処置・対策」部品

「〇〇〇のため」部品/サンプル部品集

○建築工事との作業調整
○工事遅延による全体工程への影響
○先行作業である土木工事の遅れ
○建築工事、設備工事との並行作業
○関連他業者である設備工事の遅れ
○建築工事、設備工事の遅れ
○不測の降雨・湧水による工程遅延
○当該設備工事の遅延よる、後続作業への影響
○建築工事の進捗に伴う工事となる
○短期工事での技術力の集約
○建築工事との工程調整
○建築工事との輻輳作業
○先行作業である建築躯体工事の遅延

「◇◇◇に留意した」部品/サンプル部品集

○厳密な作業量管理、進度管理
○施工の合理化対策
○作業量を考慮した詳細工程表の作成
○建築工事(仕上げ工事)との作業調整
○弾力的な管理運営による工程調整
○適正な平均施工速度の確保、損失時間の防止
○施工図、製作図の入念なチェック
○手直し、手戻り作業の防止
○作業員の適正配置、工程表による進度管理
○綿密な工程調整
○工程計画に基づく作業の進め方の周知徹底
○関連他業者との工程調整

「処置・対策」部品/サンプル部品集

○作業員の増員、資機材の円滑な調達、数工区の同時施工
○工程の進捗、施工量の増大
○作業標準にて、無理、無駄、むらのある不必要な作業を排除
○作業員の増員と並行作業により、工程を進抄
○作業員の技術力向上の目的を明確化
○技能工、熟練工の適正な配置・指導による作業効率の向上
○工事区間を数工区に分割して、並行作業を実施
○工事進捗に伴いチェック機能の強化
○手直し作業や労働災害の発生を抑え、施工量を増大
○作業班を配線技能士、熟練工を中心に編成
○作業標準書、施工図へ所定の品質規格値、施工方法を明記
○施工ミスによる手直し作業、手戻り作業の発生抑制
○施工のプロセスを各階に分割
○作業員のローテーションに合わせて資機材を搬入
○作業標準により無理、無駄、むらを排除

1級電気工事施工管理技士の合格ラインは、学科試験60問中36問以上・実地試験は60%以上です。2級電気工事施工管理技士試験は、60%以上の正解で合格です。過去問で学習し問題の出題傾向・形式を知ることで出題戦略や質の伴った勉強計画を行い試験に臨みましょう。
施工管理技士は施工管理上の技術責任者として、高く位置づけられている重要な資格です。そのため、キャリアアップや転職において強力な武器になります。
電気工事施工管理技士の実施試験には不合格であっても、学科試験に合格することで技士補の資格を取得することができます。1級の「技士補」であれば、現場の責任者になることもできます。実施試験ももちろん突破すべきですが、まずは学科試験を突破して技士補の資格取得の権利を得ることを目指しましょう。
1級電気工事施工管理技士試験の基本的内容は2級電気工事施工管理技士と同様で、試験では電気工学や施工管理、法規について問われます。試験難易度は2級よりも高くなりますが、基本的事項に留まるため過去問題を重点的に学ぶことで合格が可能です。

タイトルとURLをコピーしました