コンクリート診断士試験の解答例/記述式問題A


コンクリート診断士試験の解答例/記述式問題A 1

A11. コンクリート構造物の維持管理における不具合の原因と対策 (600字)

コンクリート構造物の不具合の原因は、大きく分けて①劣化と、②施工不良と考えられる。
①劣化の原因は、塩害、凍害、アルカリ骨材反応、中性化の4つが主とされる。
塩害の対策としては、断面修復、表面保護に加え、鋼材の腐食反応そのものを抑制する電気防食工法が有効である。
凍害の対策としては、断面修復、表面保護に加え、ひび割注入も有効であるが、低温でも強度の確保できる樹脂を選定することが望ましい。
アルカリ骨材反応には、幅の大きなひび割れから鉄筋が腐食することを防ぐため、ひび割れ注入と表面保護が有効である。
表面から進行する中性化が鉄筋位置まで進行することを防ぐ対策としては、断面修復と表面保護が有効である。
これらの対策効果は10~15年とされており、さらに長期に渡る効果が必要な場合は、再アルカリ化、脱塩等の手法も検討する。
②施工不良には、低品質コンクリートや配筋不良などが挙げられる。
低品質コンクリートは期待される強度等を有していない場合があり、配筋不良により十分なかぶりがない場合には、中性化による腐食が早く進行する。そのため、定期点検等により、構造物の機能確保を図り、適切な時期に補修を行うことが望ましい。

A11. コンクリート構造物の維持管理における不具合の原因と対策 (600字)

コンクリート構造物の不具合の原因は、大きく分けて①劣化と、②施工不良と考えられる。
 ①劣化の原因は、塩害、凍害、アルカリ骨材反応、中性化の4つが主とされる。
 塩害の対策としては、断面修復、表面保護に加え、鋼材の腐食反応そのものを抑制する電気防食工法が有効である。
 凍害の対策としては、断面修復、表面保護に加え、ひび割注入も有効であるが、低温でも強度の確保できる樹脂を選定することが望ましい。
 アルカリ骨材反応には、幅の大きなひび割れから鉄筋が腐食することを防ぐため、ひび割れ注入と表面保護が有効である。
 表面から進行する中性化が鉄筋位置まで進行することを防ぐ対策としては、断面修復と表面保護が有効である。
 これらの対策効果は10~15年とされており、さらに長期に渡る効果が必要な場合は、再アルカリ化、脱塩等の手法も検討する。
 ②施工不良には、低品質コンクリートや配筋不良などが挙げられる。
 低品質コンクリートは期待される強度等を有していない場合があり、配筋不良により十分なかぶりがない場合には、中性化による腐食が早く進行する。そのため、定期点検等により、構造物の機能確保を図り、適切な時期に補修を行うことが望ましい。

コンクリート診断士試験の解答例/記述式問題A 2

A12. コンクリート構造物の維持管理に必要な点検、評価判定、対策 (600字)

コンクリート構造物の点検には、日常の巡回によって行う「日常点検」、5~10年の間隔で定期的に細部に渡って点検する「定期点検」、地震や豪雨などの自然災害が発生したときに行う「異常時点検」の3つが主に挙げられる。
 コンクリート構造物の劣化の度合いは、表面に生じたひび割れやはく離、はく落のほか、鉄筋の露出、遊離石灰、さび汁、変色などの損傷によって確認できる。このような損傷の程度や位置、範囲を点検時に正確に記録することで、甚大な損傷に進行することを未然に防ぐ。
 また、点検結果を客観的に評価するため、各機関では損傷に対する判定基準を有しており、国土交通省では平成26年6月に施行された「橋梁定期点検要領」がその一例である。これらの評価・判定基準は補修の優先順位を決めるのに有効であるが、損傷の原因を明らかにするものではない。そのため、対策を検討するに当たっては、損傷の劣化要因に着目した調査を行い、損傷の発生原因を特定するとともに、進行性の有無を判断して、補修・補強の要否や範囲などを決定する。
 特に鉄筋の腐食状況は将来の耐久性に大きく影響するため、内部の鉄筋やPC鋼材の腐食状況を自然電位測定等で的確に把握し、評価することが重要なポイントになる。

A13. コンクリート構造物の維持管理に必要な技術開発 (600字)

我が国のインフラの多くは高度経済成長期に建設され、建設後5 0 年が経過しており更新期を迎えている。一方、人口減少・少子高齢化により税収が減少すると伴に社会保障費が膨大になっており、社会資本投資が制約され、このままでは老朽化施設の補修・更新費用等の捻出が困難と予想されており、技術開発に期待が寄せられている。
○維持管理に必要な技術開発
・点検、診断技術において目視・打音等の人力による点検・診断、試料採取を伴う調査であったものが、技術の進展により、目視や打音に加え、機械化、非破壊・微破壊での検査技術、情報通信技術を活用した変状計測等が取り入れられ、点検・診断の省力化・高速化によるコスト縮減、調査精度の均質化、利用者への影響低減等が図られている。
・施工、材料技術においては施設の機能確保や向上を図るための措置として、撤去・新設を前提としていたものから、部分的な更新に留めることにより長寿命化を可能とする技術が必要となり、コスト縮減、工期短縮、施設の安全性・防災性能の向上、地球環境負荷の低減等が図られている。
また、我が国の維持管理・更新技術に関する成長分野として、ICT 技術を活用した点検・診断や情報収集・蓄積・活用等があり、維持管理・更新の実施にあたっては、これらの技術の早期確立や技術の普及のための取組を行うことにより、維持管理・更新の実施水準向上に併せて、我が国の成長戦略にも寄与することが必要である。

A14. コンクリート構造物の維持管理の重要性とあり方 (600字)

1.はじめに
2012年12月に山梨県大月市笹子町の中央自動車道上り線笹子トンネルで天井板のコンクリート板が約130mの区間にわたって落下し、走行中の車複数台が巻き込まれて9名が死亡した事故原因はトンネルの老朽化によるものであった。その老朽度に対する維持管理状況の詳細がわかっていれば起きなかった事故であったかも知れないことを考えると、維持管理の重要性が理解できる事故であった。
2.維持管理の重要性とあり方
コンクリート構造物の管理者は、国、地方公共団体、民間事業者と様々であるが、維持管理・更新の重要性については、国民の立場からみれば管理者により変わることはほとんどない。このため、国は所管する全ての社会資本の維持管理・更新が的確に行われるよう、自ら管理する施設の維持管理や更新にあたっては、全ての管理者の模範となるよう、率先して体制を整え、必要な取組を行うとともに、地方公共団体や民間事業者が管理する施設の維持管理・更新が的確に行われるよう、基準等の整備及び制度化、ならびに地方公共団体への支援等を実施する必要がある。
一方、民間事業者は、新たな技術開発・研究を行い、迅速な維持管理が可能な体制の確保、コンクリート構造物のデータ化等を実施し、類似施設の評価等を参考にし、補修・補強の設計・施工の材料とすることが望ましい。また、少子高齢化による維持管理人員不足に対する人材確保も重要と思われる。

コンクリート診断士試験の解答例/記述式問題A 3

A15. コンクリート診断士の技術力と心構え (600字)

高度成長期に建設されたコンクリート構造物が、建設後5 0 年が経過しており更新期を迎えている。施設を長期間利用するには、維持管理による評価・判断能力が重要である。
○技術力と心構え
 コンクリート構造物の維持管理には、対象とする既存構造物の現況を調査し、設計・施工時の資料を検討するとともに、構造物が供用中に外部から受けてきた物理的・化学的作用、さらにはその構造物が今後どのように使用されていくのかをすべて勘案して、対策の方針を決めなくてはならない。
 このことは、構造物を新たに設計・施工する場合よりも高度な知識が必要で、総合的な判断力が要求されることを意味している。
 さらに、一般的な建設技術と比較し、コンクリート構造物の維持管理は比較的新しい分野であるため、診断技術、補修・補強技術、補修材料などの進歩は日進月歩である。
 維持管理分野では、このように変化が早い技術の動向を把握しておくことが重要であるため、コンクリート診断士はその最新技術の動向を常に把握し自己研鑽が必要である。
社会資本としてコンクリートは、すでに100億m3程度と膨大な量がストックされている。これらのコンクリートは、年月を経過すると、いろいろな要因で劣化が始まるが、適切な処置を講ずることにより、構造物としての寿命を延ばすことが可能である。コンクリートを診断し、補修・補強を行うことによって、貴重な財産を永く供用していくことが、我々の務めといえる。

A15. コンクリート診断士の技術力と心構え (600字)

既設構造物の延命化には適切な維持管理が不可欠であり、それに係わる技術力を向上させることは、社会資本整備における重要な課題のひとつである。
 コンクリート診断士には、コンクリートの劣化の程度を診断する技術力と維持管理の提案をする技術力とが求められる。前者は、コンクリート及び鉄筋等の診断に関する計画、調査・測定、判定に関する知識が必要とされ、後者は、劣化の進行予測と各種対策の効果の予測などの知識が必要とされる。また、診断士が扱う構造物は劣化を主として診断するため、適正な測定個所の選定には構造の知識も不可欠である。
 診断という行為のため、高い技術力だけでなく高い倫理観も求められる。2005年に発覚した構造計算書偽造問題や2016年の杭打ちデータ偽装問題のように、技術者の公正を欠いた行動は社会的な信用を失墜させる行為となる。また、調査、診断の際には、利害関係のある関係者の間に入るケースも多いため、中立的な立場を維持し、職業倫理に則した行動が求められる。
 資格取得後も継続的な情報収集で新技術に対する見識を深め、その高い技術力を次世代に継承していく教育活動も心掛ける必要がある。このような活動を継続的に実施することで、技術力の研鑽につながるとともに社会貢献へつながる。

A16. コンクリート診断士の役割とあり方 (600字)

公共事業費が減少し、環境負荷低減型社会が求められている中、既存構造物の延命化に向けた取り組みは今後益々重要になってくる。また、それを実現するためのコンクリート診断士の役割も重要である。
コンクリート診断士は,コンクリート診断・維持管理の知識・技術,並びに倫理観を有することが必要とされ、またその能力を維持・向上させるために定期的な研修の必要がある。平成27年3月に改訂された国土交通省の「建設コンサルタント業務等におけるプロポ―ザル方式および総合評価落札方式の運用ガイドライン」では、コンクリート構造物の維持・修繕に関する業務に適用する技術者資格としてコンクリート診断士が明記されている。
 これまでのコンクリート関連の資格が,新設構造物に使用するコンクリートの設計・製造・施工を主に対象としてきたのに対して,コンクリート診断士は蓄積されている膨大な既存コンクリート構造物を対象とするところに特徴がある。そのため、市民社会の貴重なストックであるコンクリート構造物を公平な立場で診断する役割を担う。今後は建設部門において維持管理業務が益々増えていくことから、地域全体で構造物の保守点検を担うなど、地元住民との協働などの視点を持った活動も重要な役割になってくると考えられる。

A16. コンクリート診断士の役割とあり方 (600字)

1.はじめに
 コンクリート診断士は公益社団法人日本コンクリート工学会が実施する「コンクリート診
断士講習会」を受講し、さらに試験によって相応のレベルのコンクリート診断・維持管理の知識・技術を保有していると認定され、登録された者に与えられる名称である。
2.役割とあり方
 コンクリート診断士は、構造物を取り扱う法に定められたものではないが、公的機関でもその資格が認められ、一部では工事発注の要件にあげられるほど、期待は高まっている。
 これまでのコンクリート関連の資格が主として新設構造物に使用するコンクリートの設計・製造・施工に関わってきたのに対し、コンクリート診断士は蓄積された膨大な既存構造物のコンクリートを対象とする点が大きく異なる。
 コンクリート診断士は構造体のコンクリートを対象として、その劣化の程度を診断し、維持管理の提案も行うコンクリートのスペシャリストである。
 構造物全体としての耐力・耐震性能等の診断は対象物が建築物、道路・鉄道橋、トンネル等多岐にわたり、設計法・解析法もそれぞれ独自のものがあるので、一技術者だけで全てに対応することは困難である。
 したがって、コンクリート診断士は計画、調査測定を行うために必要な構造に関する基礎知識までが求められ、構造物の性能診断は、コンクリート診断士が調査したデータを基に各分野の構造設計の専門家が行うため、構造物本来の要素等を把握する重要な役割を担っている。


タイトルとURLをコピーしました