コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018


コンクリート技士試験の出題項目は、次の内容です。
 ・コンクリート用材料
 ・コンクリートの性質
 ・コンクリートの耐久性
 ・配合調合設計
 ・製造、品質管理、検査
 ・コンクリートの施工
 ・コンクリート製品
 ・コンクリート構造の設計

コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018 1

コン技士  H30-01
セメントの規定

JIS R 5210(ポルトランドセメント)、JIS R 5211(高炉セメント)およびJIS R 5213(フライアッシュセメント)の規定に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 × 1 普通ポルトランドセメントに対して、材齢1日における圧縮強さの下限値が規定されている。
 〇 2 中庸熱ポルトランドセメントに対してけい酸三カルシウム(C3S)の上限値が規定されている。
 × 3 高炉セメントに対して、全アルカリ量の上限値が規定されている。
 × 4 フライアッシュセメントに対して、水和熱の上限値が規定されている。

コン技士  H30-02
スラグ骨材の製造

各種スラグ骨材の製造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 銅スラグ細骨材は、炉で銅と同時に生成する溶融スラグを水によって急冷し、粒度調整して製造されるものである。
 〇 2 フェロニッケルスラグ細骨材は、炉でフェロニッケルと同時に生成する溶融スラグを除冷し、又は水、空気などによって急冷し、粒度調整して製造されるものである。
 × 3 溶融スラグ骨材は、溶融炉で銑鉄と同時に生成する溶融スラグを冷却し、粒度調整して製造されるものである。
 〇 4 電気炉酸化スラグ骨材は、電気炉で溶銅と同時に生成する溶融した酸化スラグを冷却し、鉄分を除去し、粒度調整して製造される。

コン技士  H30-03
混和材料の性質

各種混和材料に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 高炉スラグ微粉末を用いると、硫酸塩や海水の作用によるコンクリートの劣化に対する抵抗性が高くなる。
 × 2 フライアッシュを用いると、その未燃炭素含有量が少ないほど、コンクリートに所要の空気量を連行するのに必要な AE剤の量が多くなる。
 〇 3 シリカフュームを用いると、高性能AE減水剤を用いた低水結合材比のコンクリートの流動性が高くなる。
 〇 4 膨張材を用いると、エトリンガイトあるいは水酸化カルシウムの結晶の成長あるいは生成量の増大により、コンクリートが膨張する。

コン技士  H30-04
鉄筋とPC鋼材の性質

鉄筋およびPC鋼材に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 鉄筋の引張強さは、PC鋼棒の引張強さよりも小さい。
 〇 2 鉄筋の熱膨張係数は、PC鋼材の熱膨張係数とほぼ同等である。
 × 3 鉄筋の破断時の伸びは、PC鋼材の破断時の伸びよりも小さい。
 〇 4 鉄筋の弾性係数(ヤング係数)は、PC鋼材の弾性係数(ヤング係数)とほぼ同等である。

コン技士  H30-05
コンクリート用短繊維

コンクリート用短繊維を用いたコンクリートに関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
 × 1 繊維の混入率が多くなるほど、コンクリート中で繊維が一様に分散しやすくなる。
 〇 2 繊維を混入すると、同じスランプを得るためには、細骨材率と単位水量が大きくなる。
 〇 3 コンクリートに鋼繊維を用いると、曲げ靱性が改善される。
 〇 4 高強度コンクリートにポリプロピレン短繊維を用いると、火災時の爆裂防止に効果がある。

コン技士  H30-06
練混ぜ水

JIS A 5308 附属書C(レディーミクストコンクリートの練混ぜに用いる水)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 × 1 地下水は、水の品質に関する試験を行わなくても用いることができる。
 × 2 塩化物イオン(Cl-)量の上限値は、上水道水以外の水よりも回収水の方が小さく規定されている。
 × 3 2種類以上の水を混合して用いる場合には、混合した後の水の品質が規格に適合していれば使用できる。
 〇 4 スラッジ固形分率は、配合における単位セメント量に対するスラッジ固形分の質量の割合を分率で表したものである。

コン技士  H30-07
水セメント比を小さくした効果

コンクリートの配(調)合において、水セメント比を小さくした場合の効果に関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。
 〇 1 中性化に対する抵抗性を向上させる効果がある。
 × 2 アルカリシリカ反応による膨張を抑制する効果がある。
 × 3 水和熱による温度応力を低減する効果がある。
 × 4 火災による爆裂を防止する効果がある。

コン技士  H30-08
コンクリートの配合(調合)

下表のコンクリートの配(調)合に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
ただし、セメントの密度は 3.16g/cm3、細骨材の表乾密度は 2.59g/cm3、粗骨材の表乾密度は 2.64g/cm3 とする。
1801 300x57 - コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018
 〇 1 単位粗骨材量は、958kg/m3 である。
 × 2 単位細骨材量は、851kg/m3 である。
 〇 3 コンクリートの単位容積質量は、2278kg/m3 である。
 〇 4 単位セメント量は、348kg/m3 である。

コン技士  H30-09
ブリーディングの低減

コンクリートのブリーディングを低減させるための対策として、不適当なものはどれか。
 × 1 細骨材を粗粒率の大きいものにした。
 〇 2 細骨材率を大きくした。
 〇 3 石灰石微粉末を使用し、単位紛体量を多くした。
 〇 4 高性能AE減水剤を用いて単位水量を少なくした。

コン技士  H30-10
コンクリートの空気

コンクリートの空気に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 コンクリートの細骨材率が大きくなると、空気量は増大する。
 〇 2 0.3~0.6mm の粒径の細骨材を多くなると、空気量は連行されやすくなる。
 〇 3 エントラップエアは、コンクリートの練混ぜ時に巻き込まれる空気で、耐凍害性の向上には寄与しない。
 × 4 硬化コンクリートの気泡間隔係数が大きいほど、耐凍害性は向上する。

コン技士  H30-11
コンクリートの各種強度

一般のコンクリートの各種強度を大きい順に並べた場合、適当なものはどれか。
 × 1 圧縮強度 > 支圧強度 > 曲げ強度 > 引張強度
 〇 2 支圧強度 > 圧縮強度 > 曲げ強度 > 引張強度
 × 3 圧縮強度 > 支圧強度 > 引張強度 > 曲げ強度
 × 4 支圧強度 > 圧縮強度 > 引張強度 > 曲げ強度

コン技士  H30-12
コンクリートの体積変化

コンクリートの体積変化に関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。
 × 1 乾燥収縮ひずみは、粗骨材の岩種の影響を受けない。
 × 2 熱膨張係数は、鋼材の熱膨張係数の約2倍である。
 〇 3 自己収縮ひずみは、水セメント比が小さいと大きくなる。
 × 4 クリープひずみは、載荷荷重を一定とした場合、載荷開始の材齢が若いほど小さくなる。

コン技士  H30-13
コンクリートの中性化

コンクリートの中性化に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 中性化の進行は、コンクリートが著しく乾燥している場合や濡れている場合には遅くなる。
 〇 2 中性化の進行は、仕上げのない場合、屋内側の方が屋外側よりも速い。
 × 3 中性化の進行は、経過年数に正比例する。
 〇 4 中性化の進行は、炭酸ガスの濃度が高いほど速い。

コン技士  H30-14
アルカリシリカ反応

アルカリシリカ反応に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 コンクリートのアルカリ総量を 3.0kg/m3 以下にすることは、アルカリシリカ反応の抑制に有効である。
 〇 2 フライアッシュセメントC種の使用は、アルカリシリカ反応の抑制に有効である。
 × 3 アルカリシリカ反応による膨張は、湿潤状態より乾燥状態にあるコンクリートの方が大きくなる。
 〇 4 アルカリシリカ反応における骨材のぺシマム量は、骨材の種類や粒度の影響を受ける。

コン技士  H30-15
レディミクストコンクリートの許容差

下表はレディミクストコンクリート工場において、2m3のコンクリート製造時の各材料の計量結果である。JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の規定に照らして、量り取られた計量値が計量値の許容差を超えているものはどれか。
1802 300x108 - コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018
 〇 1 セメント
 × 2 水
 〇 3 細骨材
 〇 4 高炉スラグ微粉末

コン技士  H30-16
圧縮強度試験の合否判定

下表は呼び方が「普通 24 8 20 N」のレディミクストコンクリートの圧縮強度の試験結果である。JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の規定に照らして、A、B各ロットの合否判定を示した次の組合せのうち、正しいものはどれか。
1803 280x300 - コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018
 × 1 A:合格、B:合格
 × 2 A:合格、B:不合格
 × 3 A:不合格、B:合格
 〇 4 A:不合格、B:不合格

コン技士  H30-17
使用できない材料

JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)に規定される普通コンクリートの製造において、使用できないものは、以下のうちどれか。
 〇 1 JIS A 5011-3(コンクリート用スラグ骨材 - 第3部:銅スラグ骨材)に適合した銅スラグ細材
 〇 2 JIS A 5201(コンクリート用再生骨材 H)に適合した再生骨材 H
 × 3 高強度コンクリートの荷卸しを完了したトラックアジテータのドラム内に付着したモルタル
 〇 4 スラッジ固形分率が 3% を超えないように調整したスラッジ水

コン技士  H30-18
回収骨材の使用

 JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の規定に照らして、回収骨材の使用に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 〇 1 回収骨材の微粒分量が、未使用の骨材(新骨材)の微粒分量を超えた場合には、使用することができない。
 〇 2 専用の設備で貯蔵、運搬、計量して用いる場合は、未使用の骨材(新骨材)への置換率の上限を 20% とすることができる。
 〇 3 軽量コンクリートには回収骨材を使用できない。
 × 4 舗装コンクリートから回収した骨材は、回収骨材として使用できない。

コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018 2

コン技士  H30-19
コンクリートの圧送

 コンクリートの圧送に関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。
 × 1 ベント管の数を多くすると、圧送負荷が小さくなる。
 × 2 圧送距離を長くすると、圧送負荷が小さくなる。
 〇 3 時間当たりの吐出量を多くすると、圧送負荷が大きくなる。
 × 4 輸送管の径を大きくすると、圧送負荷が大きくなる。

コン技士  H30-20
コンクリートの運搬

 現場内におけるコンクリートの運搬に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 コンクリートバケットをクレーンで運搬する方法は、材料分離を生じにくい。
 × 2 スクイズ式のコンクリートポンプは、ピストン式のコンクリートポンプと比べて長距離の圧送に適している。
 〇 3 ベルトコンベアによる運搬は、スランプの大きなコンクリートには適さない。
 〇 4 斜めシュートは、縦シュートよりも材料分離を生じやすい。

コン技士  H30-21
コンクリートの打込み・締固め

 コンクリートの打込みおよび締固めに関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。
 〇 1 打込み時の材料分離を抑制するには、自由落下高さを小さくするのがよい
 × 2 壁にコンクリートを打ち込む場合、横に流しながら打ち込むのがよい。
 × 3 棒形振動機の挿入間隔は 2m 程度とするのがよい。
 × 4 振動締固めは一箇所でできるだけ長く行うのがよい。

コン技士  H30-22
コンクリートの打継ぎ

 コンクリートの打継ぎに関する次の一般的な記述のうち、不適当なもののはどれか。
 〇 1 鉛直打継目には、水密性が要求される場合、止水版を用いるのがよい。
 〇 2 打継ぎ位置は、せん断力の小さい部分に設けるのがよい。
 × 3 打継ぎ面は、レイタンスを取り除いた後、十分に乾燥させてから打ち継ぐのがよい。
 〇 4 打継面は、部材の圧縮力を受ける方向と直角に設けるのがよい。

コン技士  H30-23
コンクリートの養生

 コンクリートの養生に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
 × 1 高炉セメント B種 を用いたコンクリートの湿潤養生期間を、普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートと同一にした。
 〇 2 暑中コンクリートにおいて、脱型後も湿潤養生を継続して行った。
 〇 3 寒中コンクリートにおいて、脱型後に水で濡れない部位の初期養生期間を 5N/mm2 の圧縮強度が得られるまでとした。
 〇 4 コンクリート製品の製造における蒸気養生を、コンクリート打込み後 2~3時間 の前養生後に実施した。

コン技士  H30-24
コンクリートの側圧分布

 高さ4.5mの鉛直部材の型枠に、スランプ10cmのコンクリートを打上がり速度1.5m/hで打ち込んだ。下図中の実線は、打込み終了時の側圧分布を概念的に示したものである。点線は型絵に作用する側圧を液圧と仮定した場合の分布である。コンクリートの側圧分布を示す図としてa~dのうち、適当なものはどれか。なお、コンクリート打込み時の外気温は20℃である。
1804 300x300 - コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018
 × 1 a
 × 2 b
 × 3 c
 〇 4 d

コン技士  H30-25
型枠および支保工の計画

 型枠および支保工の計画に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
 × 1 打込み温度、打込み速度が同じ条件において、型枠に作用する側圧は壁に比べて柱の方を小さくした。
 〇 2 梁における型枠の取外しは、底面よりも側面を先に行うものとした。
 〇 3 支保工に作用する水平方向荷重を、鉛直方向荷重の 5% とした。
 〇 4 支保工に作用する鉛直方向荷重とした、打込み時の衝撃荷重を考慮した。

コン技士  H30-26
鉄筋の加工・組立て

 鉄筋の加工および組立てに関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 鉄筋の交点の要所は、直径 0.8mm 以上の焼きなまし鉄線またはクリップで緊結する。
 〇 2 鉄筋の曲げ加工は、常温で行うのが原則である。
 〇 3 鉄筋のあきの最小寸法は、粗骨材の最大寸法および鉄筋径によって異なる。
 × 4 かぶり(厚さ)は、鉄筋芯からコンクリート表面までの距離がある。

コン技士  H30-27
舗装コンクリート

 舗装コンクリートに関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 スランプ 2.5cm のコンクリートのダンプトラックでの運搬時間の限度を1時間とした。
 〇 2 粗骨材のすりへり減量の限度を 35% とした。
 × 3 材齢 28日 における圧縮強度を設計の基準とした。
 〇 4 凍結融解がしばしば繰り返される環境において、水セメント比を 50% とした。

コン技士  H30-28
暑中コンクリート

 暑中コンクリートに関する次の記述のうち、適当なものはどれか。
 × 1 運搬中のスランプ低下を防ぐために、促進形のAE減水剤を用いた。
 × 2 空気が連行されやすいので、AE剤の使用量を減らした。
 × 3 コンクリート温度を下げるために、練り混ぜたコンクリートに氷を投入して冷却した。
 〇 4 コンクリートの打込みにおいて、練り混ぜてから打ち終わるまでの時間が 90分 以内となるように計画した。

コン技士  H30-29
寒中コンクリート

 寒中コンクリートに関する次の記述のうち、適当なものはどれか。
 × 1 5℃ で 28日間 養生した場合と、20℃ で 7日間 養生した場合のコンクリートの積算温度は同じである。
 × 2 コンクリートの練上がり温度を高くするには、セメントを加熱することが効果的である。
 〇 3 JASS5 では、荷卸し時のコンクリート温度は 10℃ から 20℃ が原則である。
 × 4 初期凍害を受けても、その後適切な温度で養生を行えば、当初設定した強度が確保される。

コン技士  H30-30
マスコンクリートの温度ひび割れ

 マスコンクリートの温度ひび割れに関する次の記述において、空欄に入る用語の組合せのうち、正しいものはどれか。
 温度ひび割れは、その発生メカニズムにより二つのタイプに分けられる。一つは、コンクリートの表面と内部の温度差に起因して生じる(内部拘束)ひび割れと、もう一方は、新たに打ち込まれたコンクリート全体の温度が降下するときの収縮変形が、既設コンクリートや岩盤などに拘束されることによって生じる(外部拘束)ひび割れである。

 また、(外部拘束)ひび割れは、材齢がある程度進んだ段階で発生し、部材断面を貫通することが多く、(内部拘束)ひび割れは、打込み後の初期の段階で部材表面に生じることが多い。
1805 300x124 - コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018
 × 1
 × 2
 × 3
 〇 4

コン技士  H30-31
海水中構造物の劣化現象

 海水中のコンクリート構造物の劣化現象とその主な原因となる海水中に含まれる塩類の組合せのうち、適当なものはどれか。
1806 300x107 - コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018
 × 1 コンクリート中の鋼材腐食:硫酸カリウム(K2SO4)、コンクリートの体積膨張によるひび割れ:硫酸マグネシウム(MgSO4)
 〇 2 コンクリート中の鋼材腐食:塩化ナトリウム(NaCL)、コンクリートの体積膨張によるひび割れ:硫酸マグネシウム(MgSO4)
 × 3 コンクリート中の鋼材腐食:硫酸カリウム(K2SO4)、コンクリートの体積膨張によるひび割れ:塩化マグネシウム(MgCL2)
 × 4 コンクリート中の鋼材腐食:塩化ナトリウム(NaCL)、コンクリートの体積膨張によるひび割れ:塩化マグネシウム(MgCL2)

コン技士  H30-32
コンクリートの製造・施工

 JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)における呼び方「高強度 60 60 20 N」のコンクリートの製造および施工に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 製造時における細骨材の表面水率の測定は、一般のコンクリートよりも頻度を多くする計画とした。
 × 2 圧送時の管内圧力損失は、一般のコンクリートよりも小さいものとしてコンクリートポンプ車を選定した。
 〇 3 型枠に作用する側圧は、一般のコンクリートより大きいものとして型枠に設計した。
 〇 4 受入れ検査の項目としてスランプフローを用いた。

コン技士  H30-33
鉄筋コンクリート梁の設計

 鉄筋コンクリート梁の設計に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 せん断耐力を高めるために、スターラップ(あばら筋)を多く配置する。
 〇 2 曲げ耐力を高めるために、引張主(鉄)筋量を多くする。
 〇 3 曲げ耐力の算定において、コンクリートは引張力を負担しないものと考える。
 × 4 引張主(鉄)筋の継手は、曲げモーメントが最大となる位置に設けるのが良い。

コン技士  H30-34
ひび割れの発生位置

 梁と柱からなる鉄筋コンクリートラーメン構造において、下図の曲げひび割れを発生させる荷重の位置および方向を示したa~dのうち、適当なものはどれか。
1807 300x217 - コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018
 × 1 a
 × 2 b
 〇 3 c
 × 4 d

コン技士  H30-35
工場製品

 工場製品に関する次の一般的な記述のうち、適当なものはどれか。
 × 1 即時脱型を行う工場製品には、スランプ 2.5cm のコンクリートが用いられる。
 × 2 促進養生を行う工場製品のコンクリート強度の管理は、20℃ 封かん養生の試験値が用いられる。
 × 3 蒸気養生における昇温開始までの前養生の時間は、水セメント比が大きいほど短くできる。
 〇 4 部材厚が大きい工場製品では、蒸気養生における最高温度保持後の降温勾配を小さくするのがよい。

コン技士  H30-36
プレストレストコンクリート

 プレストレストコンクリートに関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。
 〇 1 プレテンション方式は、プレキャストコンクリート工場で同一種類の部材を大量に製造する場合に用いられることが多い。
 〇 2 ポストテンション方式は、現場でプレストレスを導入する場合に用いられることが多い。
 × 3 導入されたプレストレスは、コンクリートの乾燥収縮によって、時間の経過とともに増加する。
 〇 4 プレストレスを導入することにより、曲げひび割れの発生荷重を大きくすることができる。

コンクリート技士試験 過去問と解答 平成30年度 2018 3

コン技士  H30-37
使用材料に関する規定

 × JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)に規定される高強度コンクリートにJIS R 5214(エコセメント)に適合した普通エコセメントを使用した。

コン技士  H30-38
使用骨材の規定

 × JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の規定においては、再生細骨材Mの使用が認められている。

コン技士  H30-39
混和材

 〇 混和材として用いる石灰石微粉末は、一般に配(調)合設計では結合材とはみなされない。

コン技士  H30-40
練混ぜに用いる水

 〇 JIS A 5308 附属書C(レディーミクストコンクリートの練混ぜに用いる水)によれば、スラッジ水中のスラッジ固形分率が 1% 未満の場合、スラッジ固形分を水の質量に含めてもよい。

コン技士  H30-41
ワーカビリティー

 〇 ワーカビリティーとは、材料分離を生じることなく、運搬、打込み、締固め、仕上げなどの作業が容易にできる程度を表すフレッシュコンクリートの性質のことである。

コン技士  H30-42
圧縮強度

 × コンクリート円柱供試体の圧縮強度は、キャッピング面の凹凸の影響を受け、凸の場合は見かけの圧縮強度が上昇する。

コン技士  H30-43
コンクリートの動弾性係数

 × コンクリートの動弾性係数は、静弾性係数よりも一般に 10~40% 程度小さい値を示す。

コン技士  H30-44
石灰岩を用いたコンクリート

 〇 石灰岩を用いたコンクリートの熱膨張係数は、硬質砂岩を骨材に用いたコンクリートの熱膨張係数よりも一般に小さい。

コン技士  H30-45
コンクリートの透水係数

 〇 同一水セメント比の場合、粗骨材の最大寸法が大きいほどコンクリートの透水係数は大きくなる。

コン技士  H30-46
練混ぜ時間

× 高流動コンクリートの練混ぜ時間は、普通コンクリートより短くできる。

コン技士  H30-47
塩化物含有量の検査

 〇 レディーミクストコンクリートの塩化物含有量の検査を工場出荷時に行った。

コン技士  H30-48
荷卸し時点の空気量と許容差

 × JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)では、軽量コンクリートの荷卸し時点における空気量を 4.5% とし、その許容差を ±1.5% と規定している。

コン技士  H30-49
鉄骨鉄筋コンクリート梁の施工

 × 鉄骨鉄筋コンクリート梁において、鉄骨のフランジ下端へコンクリートを確実に充填させるために、鉄骨のフランジ下端へ両側から同時に打ち込んだ。

コン技士  H30-50
高気温時の施工

 〇 外気温が 30℃ になると予想されたので、打重ね時間間隔を 90分 以内になるように計画した。

コン技士  H30-51
振動機の締固め効果

 × 一般に、型枠振動機は棒形振動機より締固め効果が大きい。

コン技士  H30-52
鉄筋の重ね継手長さ

 〇 鉄筋径が同一の場合、SD490 の鉄筋の重ね継手の長さは、SD345 の鉄筋の重ね継手の長さよりも長くなる。

コン技士  H30-53
場所打ち杭

 × 場所打ち杭に用いる水中コンクリートの単位セメント量を 300kg/m3 とした。

コン技士  H30-54
柱部材の設計

 〇 鉄筋コンクリート柱部材の設計において、せん断破壊よりも曲げ破壊が先行するようにした。

タイトルとURLをコピーしました