試験対策の質問に、お答えします/建築施工管理技士試験


ご質問の内容  建築施工管理技士試験
「実地試験、経験記述の出題予想ありますか。」

次のような、ご質問が多く寄せられます。
 先日1級建築施工管理技士の学科試験を受け自己採点では合格でした。
 実地試験に向けた勉強を始めておきたい。
 専門工事業者で働いており、学科は有料アプリで効率よく勉強ができたので、実地も独学でやりたい。
 実地試験勉強におすすめのアプリがあったら教えて欲しい。
 おすすめのテキスト勉強法のアドバイスが欲しい。
 経験記述の出題予想があれば教えてください。

ズバリ「実地試験、経験記述の出題予想です」1級建築施工管理技士

実地の施工経験記述の出題を予想してみました

1級建築施工管理技士の受験者の方々から多くの質問をいただいております。試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えしたいと思います。

・学科試験は解答が選択式ですから、アプリなどで勉強することも可能ですが、実地試験は、アプリなどの勉強では無理です。
・実地試験の問題には、穴埋め式と記述式があります。
・特に施工経験記述は、自分が経験した工事の課題や解決方法を、簡潔で技術的な具体文で記述しなくてはいけません。
・そのため、アプリなどで読む、暗記する、というだけでは実地試験対策として、おすすめできません。

・日常の業務にお忙しい現場管理者の方でも、効率的に試験準備のできる勉強法があります。
・どのような勉強法が良いのかご紹介しましょう。

効率的な経験記述対策は、出題予想と解答例から

・実地試験の経験記述では、施工した工事について、工事概要と指定された施工管理項目について技術的に具体的に記述しなくてはいけません。
・経験記述問題の対策には、経験現場の原案、工事概要、添削修正、暗記、書込みなど、多くの時間が必要です。
・本年度の出題を予想し、「経験記述問題の解答例」を使用し、自分が経験した現場条件に変更するだけで、オリジナルの解答文が出来上がります。

・具体的な施工経験記述の勉強法は、引き続き解説します。

経験記述の出題予想はズバリこれ。30件の解答例文がバックアップ。

・1級建築施工管理技術検定試験、経験記述問題の出題は、合理化施工、品質管理、環境問題が、1年ごとに出題されています。
・平成30年度の出題は、品質管理と、環境問題が、予想されます。

・「経験記述問題の解答例」を使用すれば短期間で、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。
・解答例文は、品質管理、合理化施工、環境問題など、30件の例文が揃っています。

1級建築施工管理技士に効率よく合格するには、経験記述の「出題予想と解答例」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と解答例」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

合格するぞという意思をしっかり持って、がんばること。

建築工事の施工経験がある方でも、実際に受験してみると実地試験では不合格になってしまった、という事はたくさんあります。
いざ問題に取り掛かったら何も書けなかった、自分では合っていると思って書いたらテーマが違っていた、という結果になってしまう事が多いのが実地試験です。
経験記述問題では、時間をとり集中して書き込む練習も必要になってきます。
・最後まで、諦めず書き込むことです。ラスト5分もあれば、十分書けます。

・仕事をしながらでは時間を割くことが大変だと思いますが、合格するぞという意思をしっかり持って、頑張って記述問題に取り組んでください。
・きっと、合格の2文字が待っていますよ。


建築施工管理技士 実地試験の出題予想と問題集、重要度優先順位の高いものだけやればいい

ご質問の内容「一級と二級の同時受験、実地試験の出題予想と勉強法を教えて」建築施工管理技士

次のような、ご質問がたくさん寄せられます。
・二級建築施工管理技士を今年受験予定です。
・翌年は一級建築施工管理技士を受験しようかと考えています。
・早めに準備したいので、二級と一級の勉強を同時に進めようと思います。
・一級と二級ともに実地試験は難関だと思います。
・建築施工管理技士の実地試験の出題を予想したものはありませんか。
・また、時間をかけない実地試験の勉強法について、アドバイスをお願いします。

実地試験は暗記だけでは合格できない、一級と二級の同時受験の勉強法を紹介

建築施工管理技士の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
受験を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えしたいと思います。

・二級建築施工管理技士を取得すると、主任技術者や、営業所の専任技術者になることができます。
・一級建築施工管理技士を取得すると、二級の管理者に加え、監理技術者になることができます。
・資格試験に挑戦しているのであれば、勉強中の勢いに乗ってさらに上の資格も目指したいところです。

・二級建築施工管理技士、一級建築施工管理技士ともに、受験資格が定められています。
・二級を取得した者が一級の受験資格を得るには、二級合格後5年以上の実務経験が必要になります。
・二級の翌年に一級に挑戦するということであれば、一級を受験できるほかの受験資格が必要になります。

・学科試験の難易度においては、一級は二級に比べて出題分野が多くなりますが、二級と同時でもさほど問題はないと思います。
・しかし実地試験は記述式で出題されるため、学科試験のような単なる暗記では合格できません。
・実地試験では、施工管理や安全管理に関する専門知識が求められるため、難関な試験といえます。
・まずは一級と二級の両方の試験について、良く傾向を把握することが重要です。

次の項では、建築施工管理技士 一級と二級の同時受験にも対応した、実地試験の勉強法について、ご説明しています。

実地試験の勉強法は、「出題予想と重点項目集」の重要度、優先順位の高いものだけやればいい

それでは、ご質問の中でも特に多かった建築施工管理技士「実地試験の勉強法」についてご紹介します。

・建築施工管理技士の過去数年間の出題を分析した「実地試験の出題傾向一覧表」を作成しています。
・これを見れば、本年度の出題が予想できます。
・また、どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。

・この出題傾向の分析から重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しました。
・一級と二級の同時受験の実地試験の勉強法は、重点項目を絞り込んだ「これだけ項目集」の重要度、優先順位の高いものだけをやればいいのです。

・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

・出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。


1級建築施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。


合格するぞという強い意欲を持ち、集中して頑張ってください

・建築施工管理技士の資格は、建設業界で働くには、持っていればとてもメリットがある資格です。
・上を目指し、一級と二級の同時受験に挑戦しようというお気持ちは素晴らしいと思います。
・資格取得には、効率よく勉強することが大切です、ご自身が持つ時間を最大限利用することが重要です。
・ステップを踏んで、できるだけ確実に実行できる、試験対策計画を立てよう。
・合格するぞという強い意欲を持ち、集中して夢がかなうよう、頑張ってください。


建築施工管理技士1級「出題予想からの実地試験の勉強法」を紹介します

ご質問の内容「実地試験の出題予想、勉強のポイントを教えて」建築施工管理技士1級

建築施工管理技士1級の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
・建築施工管理技士1級の、実地試験を受けます。
・実地試験の勉強の仕方についての質問です。
・実地試験の勉強は、過去の問題を7年分覚えるくらいで、実地試験を合格することができるでしょうか。
・実地試験の出題予想、勉強のポイントなども含めて、詳しく教えてほしいです。

実地試験の出題予想をもとに効率よく勉強して、合格できる秘策があります

建築施工管理技士1級の試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えしたいと思います。

・建築施工管理技士1級は難易度が高い資格試験です。
・学科試験合格後の実地試験は、最も難しい難関試験です。

・学科試験と実地試験との大きな違いは、実地試験が記述式であるところです。
・建築施工管理技士1級の実地試験は、学科試験のように過去問だけ解くことで合格点が取れるほど簡単な試験ではありません。
・記述式は専門的な知識が必要となるので、ある程度建築現場の知識を持っていないと文章にして解答することができません。

・忙しい方でも効率よく勉強して、建築施工管理技士1級の試験に合格ができる秘策があります。
・この対策ツールは、合理的で省力的な試験対策で、資格試験の受験を変えるという信念で作成されています。

それでは、短期間で確実に実地試験の合格点が獲れる「出題予想と重点項目集」を次の項で紹介します。

「出題予想からの実地試験の勉強法」の紹介、建築施工管理技士1級

それでは、ご質問の中でも特に多かった建築施工管理技士1級「出題予想からの実地試験の勉強法」についてご紹介します。

過去問の分析による出題予想からの「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。
建築施工管理技士1級の実地試験の勉強は、この「これだけ項目集」の重要度、優先順位が高い問題だけやればいいのです。

・建築施工管理技士1級の実地試験は、問題2 一般記述、問題3 躯体工事、 問題4 仕上げ工事、問題5 施工管理、問題6 法規から出題されます。
・まず、過去数年間の実地試験の出題を分析して「実地試験の出題傾向一覧」を作成します。
・これを見れば、本年度の出題が予想できます。
・どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。

・続いて出題傾向一覧から、毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮して、特化すべき重点項目集を掲載しています。
・この特化すべき重点項目集を「これだけ項目集」と呼びます。

・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

建築施工管理技士1級に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

自己暗示は、集中力に最高の効果を発揮します

建築施工管理技士1級の実地試験は難関試験です。
次の言葉を信じ、集中力を維持して、実地試験の合格目指して頑張ってください。

・自分に暗示をかけるのは、特別な言葉にする必要はありません。
・言葉は思いを強めます。思いの強さは行動を変え、そして、驚くほどの集中力を高めていきます。
・思いの強さと集中力は比例しています。

・思いの強い言葉を唱えていれぱ、集中して行動でき、成功・実現に向けて、猛然と進むことができます。
・合格するため、必死になれる言葉を、明確にしてください。
・その言葉が、集中力を高める最良の自己暗示語となります。
・あとは日々、それを唱えるだけです。
・集中力、モチベーション、目標達成力、実現力がみるみる倍増していきます。

「合格して、独立するぞ」
「社会的信用を得て、自分の納得できる仕事をやるぞ」
「家族に不自由をかけない、高収入を得てやるぞ」

試験対策ツールの、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の建築施工管理技士1級の受験を支援します。

37b879ba21dc730ba074b56964167fd3 - 試験対策の質問に、お答えします/建築施工管理技士試験
1級 建築施工管理技士試験
 1級 建築施工管理技士試験 のページです。 建築施工管理技士試験 2021年版量よりも質に、こだわったデジタル教材です。◆ 経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)経験記述問題の出題予想と解答例文 1級経験記述 ▼  2級経験記述
◇ よく読まれている関連記事と広告


建築施工管理技士試験
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました