環境保全、建設副産物/経験記述の部品集/建築施工管理技士試験


短期間で最低限の努力で、建築施工管理技士試験に合格したいあなたへ
次のページは、1級 2級 建築施工管理技士の、経験記述、実地試験、学科試験のページです。
過去問を徹底分析した出題予想と使える解答例を多数紹介しています。

建築施工管理技士試験のデジタル教材が選ばれる理由は、
・技術士と施工管理技士が作成した確実に合格点が獲れる教材
・驚異の的中率を誇る出題予想、過去問と解答例
・試験対策の優先順位がハッキリわかる
・最低限の努力で合格点が獲れる
・スマホで使える。通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができる

建築施工管理技士試験/経験記述、実地試験、学科試験の過去問、出題予想と解答例

建築施工管理技士試験、経験記述問題の部品集を紹介するページです。
経験記述論文の文章構成は、問題提起をして、その問題に取り組んだ解決策を述べます。「〇〇〇のため、◇◇◇に留意した。」
「〇〇〇の問題点・課題があったため、◇◇◇の対策処置を講じた。」
「のため」「対策処置」の部品集を、たくさん掲載しています。

建築施工管理技士試験と聞くと、「取得するのは難しい」というイメージがありますが、決してそうではありません。建築施工管理技士は受験資格のための要件が多いので受験の際はよく確認しておいてください。

環境保全/経験記述の部品集/建築施工管理

建築施工管理、環境保全の部品集は、次の項目について、
留意事項(のため)の部品、処置対策の部品を掲載しています。
地球温暖化、熱帯林の減少、水質汚染・濁水対策、地下水処理、大気汚染・粉塵対策、資源の枯渇、環境負荷の低減、騒音・振動対策など。

実地試験のお施工経験記述は、自ら手がけた工事で、特に重要と考えた課題に対して、責任ある立場としてとった一連の処置の過程を、簡潔に記述するものです。試験対策として、この部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。

処置対策の部品/大気汚染・粉塵対策/サンプル部品集

留意事項:
大気汚染

処置対策:
○コピーの裏面の使用、アイドリングの停止、環境対応建設機械の使用、現場内の緑化などに努めた。
○建設機械については、排気ガス対策ずみ、排ガス対応型の重機を使用した。
○工事現場に入るすべての車両のアイドリングをストップさせ、大気中のCO2を減らした。
○現場での重機・車両のアイドリングストップを関係者に教育し、その効果を現場にて確認した。
○掘削土置き場では、強風時に粉塵等の巻き上げが懸念されたため、基礎工事における近隣地への保全措置を検討した。
○粉塵対策として、一時的に大面積の掘削箇所が発生しないよう工事計画の最適化を検討した。
○掘削箇所について、掘削面の保護、掘削土の飛散防止等の保全措置について検討した。
○掘削に伴う粉塵対策として、集塵機を設置することにより対処する工法を検討した。
○建設重機の稼動について、硫黄分や窒素分の少ない良質燃料を使用する建設車両使用について検討した。
○粉塵対策として、可能な限り改変面積と発生土量を小さくする施工とした。工事敷地の周囲に、防塵ネットなどの仮囲いを配置した。
○車両走行による粉塵の巻上げを防ぐため、晴天が続いたときは、適宜散水を行った。また、仮舗装を行うとともに、車両の洗車を頻繁に実施した。

処置対策の部品/資源の枯渇/サンプル部品集

留意事項:
資源の枯渇

処置対策:
○解体の際に発生する鉄骨、鉄筋、コンクリートを分別し、専門のリサイクル業者にて再生資材として利用した。
○リサイクル製品等のグリーン購入の積極的推進と熱帯材型枠に替わる代替型枠を使用した。
○現場事務所でのコピー紙や不要図面の裏面使用により、紙の使用を削減し、木材資源の枯渇防止に留意した。
○長期材令管理のできる部位のコンクリートは、ポルトランドセメントに替えて高炉セメントを使用した。
○建設発生土の利用を促進するため、近郊の現場との連携を図り、建設発生土の性質等の情報を提供し合うとともに、埋戻し現場に再利用を図った。
○化石燃料消費の少ない建設機械・車両を採用した。
○アイドリングストップ付き建設機械の積極的な導入を図り、ガソリンなどの燃料の消費を抑制した。
○コンクリートから砂利や砂など元の骨材を回収し、副産物として産出・再使用するコンクリート資源循環システムを活用した。
○発生したコンクリート塊を現場内で破砕して、再生砕石として再使用した。
○路盤材に利用されているアスファルトがらに、建設汚泥を混合し埋戻材として使用した。
○既設アスファルト舗装を現地混合し、路盤材として再利用した。

処置対策の部品/環境負荷の低減/サンプル部品集

留意事項:
環境負荷の低減

処置対策:
○現場から生じる建設副産物を最小限に抑えるため、下請業者及び納入業者に対し、梱包材を減らした材料の搬入を要請した。
○梱包材を減らした材料や規格材の採用を監理者に助言した。
○これまでの現場に比べて、搬出される梱包材の量を約00%削減した。
○既存施設の解体によって発生したコンクリートがらを再処理工場に持ち込み、再生用骨材として再利用した。
○基礎工事については、再生クラッシャーランを採用した。
○環境への影響を把握し、周辺民家へ配慮した施工方法の採用を検討した。
○環境負荷の少ない資源循環型社会を目指した、建設リサイクルへの取組みを行った。

建築施工管理技士の実地試験は文章記述・穴埋め・穴埋め選択・計算問題など文字や数字で簡潔に解答しなければなりません。過去問を繰り返し解き、知識を定着させ、類似問題や発展問題にも対応できるようにすることが重要です。
建築施工管理技士の実地試験の合格を目指す方の大部分が、仕事をしながら独学で受験勉強をしています。どうしても限られた時間で効率の良い勉強方法を行いたいのであれば、過去の出題傾向を知り、特定の頻出傾向の高い項目を優先して勉強することが良いかと思います。
建築施工管理技士の願書はインターネット販売もしくは、全国の販売場所の窓口にて購入することができます。初めての受験の際は、実務経験証明書、住民票、証明写真等、準備に時間がかかるものも用意する必要があるため、早めに願書を入手し、余裕をもって準備を行えるようにしましょう。

建設副産物/経験記述の部品集/建築施工管理

建築施工管理、建設副産物の部品集は、次の項目について、
留意事項(のため)の部品、処置対策の部品を掲載しています。
廃棄物の処置対策、コンクリート塊、アスファルト塊、建設発生土、建設汚泥、建設発生木材、型枠、金属くず、その他の副産物、ゴミ処理など。

建築施工管理技士のテキストは書店で多数の出版社より販売されています。事前にテキストで勉強をした上で問題集を解くという従来の勉強法も悪くはないですが、時間がない中「効率的に勉強をして合格する」ということが前提になるので、従来のやり方だとどうしても非効率になってしまいます。要点のポイントを絞り、効率よく学習を行いましょう。

処置対策の部品/型枠/サンプル部品集

留意事項:
鋼製型枠
型枠材(せき板)
型枠材料残材(木くず)
木製型枠

処置対策:
○型枠をフラットデッキに変更した。
○型枠材を合板からプラスチック型枠へ変更した。
○鋼製型枠を使用することにし、木くずの発生を抑えることを実施した。
○施工図作成時から他部所で流用できる型枠寸法とし、木製型枠は使用せず、プラスチック型枠を使用した。
○せき板を合板からプラスチック型枠へ変更した。
○型枠加工に伴う大量の木くずの残材を現場に設置した産業廃棄物箱へ捨てずに、持ち込み業者に持ち帰らせた。
○床版コンクリート打設にデッキプレートを使用した。
○型枠を加工場で加工した。
○型枠材料を打設後、現場内で使用できるように工夫して施工図を作成した。
○建設発生木材を出さないために、鋼製型枠を使用した。
○ウッドチップを使用したのり面保護の吹付け材を、他の現場工事における搬入路の路面材に使用した。

結果評価:
○工期短縮及び型枠材料費の削減を行った。
○合板の残材発生もなく、安全できれいな現場となった。
○木くずの発生抑制及び、型枠の現場加工の労務削減ができた。
○流用寸法とすることで、型枠数量を少なくすることができ、残材処分量も少なく処分費も軽減できた。
○せき板を途中で交換することなく施工できた。合板せき板の残材発生もなく完工できた。
○通常木くずは、産業廃棄物処理業者が回収に来るが、搬入業者に持ち帰らせることにより抑制効果も上がり処理代も節約できた。
○各業者の廃棄物持ち帰りを徹底して、不用材持ち込みが減った。
○型枠の処分が必要なくなり、建設副産物の発生の抑制だけでなく、工期短縮にもつながった。
○副産物の抑制のみならず、工期短縮も可能となった。
○天然資源である木材を使用した型枠の量を減らし、工期短縮に貢献できた。環境保全には有効であると考える。
○現場での加工を行わないので、ゴミが減り精度も確保できた。木材の省資源化に貢献できた。
○天然資源である木材の使用を減らすことができて、環境保全にも役立った。
○廃棄処分費の低減を行うことができた。

処置対策の部品/その他の副産物/サンプル部品集

留意事項:
包装材・梱包材
資材の梱包用ダンボール
仕上材の梱包材
資材等の梱包材
製品の養生材
包装用ダンボール

処置対策:
○搬入材料の包装材等を仕上げの養生材として使用した。
○協力業者へ要請し、パレット等による搬入とした。
○資材の梱包用ダンボールを仕上げ材の養生材として使用した。
○関係業者に、梱包を少なくすると同時に、材料そのものを再使用するために引き取ってもらった。
○包装の簡略化及び無梱包搬入となるよう工夫した。
○作業員に分別収集を徹底させ、一般ごみと区別し、古紙回収業者に引取りしてもらった。
○あらかじめ資材搬入業者に依頼し、梱包材の少ないものを選定し、パレット等による搬入を促進した。
○メーカーに依頼して、再利用できる梱包材を使用した。
○各種仕上材の梱包材の削減を協力会社、メーカーに要請し、パレット等による搬入を促進した。
○全工種に対して廃棄物の処理方法について指導を徹底して行い、分別化を図った。
○梱包材の少ない材料を選んだ。また材料メーカーに梱包材を削減するように指示した。
○仕上部分の養生材として使用し、その後再生紙原料として処分業者へ委託した。

結果評価:
○包装材の処分費が減り、養生代を削減できた。
○梱包材の量を減らすことができた。
○養生材の購入費が約00%削減できた。完成後にはリサイクル業者に持ち込んだ。
○木材の残がらがほとんどなく、環境面から良い結果となった。
○紙くずの仕分け作業が減るとともに、廃棄物の減少につながった。
○作業員のごみの分別回収の意識高揚・作業場内の整理整頓にもつながり、作業性が向上した。
○現場搬入材料の無梱包化の促進によって梱包材を大幅に削減でき、産業廃棄物の処分費用を削減できた。
○現場で処理するごみが減り、現場の美化にもつながった。
○これまでに比べて搬出される梱包材の量を約00%削減することができた。
○指導を徹底したことにより処分に関するコストが従来に比べ00%以上削減できた。
○建設副産物が抑制でき、コストダウンにもつながり、満足できる成果であった。
○現場でのゴミが減り整理整頓にもつながるとともに、工程も順調に進んだ。
○現場の美化と作業工程の短縮に貢献できた。
○現場で発生する養生材を約半分とすることができ、大幅に養生材のゴミが減った。
○他の工種でも実施することで一層抑制につながる。

実地試験の処置対策の問題では、解答で建築工事において工程を順調に進めるために行った処置、又は対策に対して留意した点とそれを行った理由を記述する必要があります。サンプルの部品集の解答例を参考に実地試験の対策を行ってください。
建築施工管理技士の勉強法として過去問勉強法は、誰にでも、すぐに、手軽に始めることができる勉強方法です。どの年度の過去問を解いても、満点を取ることができれば、本番の試験で合格点を出すことは難しくないでしょう。

◇ よく読まれている関連記事と広告


建築施工管理技士試験
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました